Macに無線キーボードを導入したよ〜その3 設定編〜

Macに無線キーボードを導入したよ〜その3 設定編〜Naryu.info 1.0どうも!ナリュウ(@aguri2006jp)です。

更新期間がかなり空いてしまいましたが、久々の更新となりましたがいよいよ完結編です!

キーボードを買って「さあ、打てるぞ!」と思ったものの、何も打てない!!

「なんじゃこりゃー」と思って調べてみたら、ユーティリティーを入れないとだめとのこと。

Logicoolのメーカーサイトでユーティリティーをダウンロードしてインストール。
ユーティリティーのダウンロードはこちら
これでようやっと認識できました。

さあ、「日本語入力が簡単にできるぞー」と思ったら、「eigoshikautenai///nannde?」

半角/全角を入力してもうまくいかない・・・
何だよーと思いながら、調べて見るとやはり同じことで悩まれている方々の解決策が載っていました。
こちらのサイトを参考にさせていただきました。

Windows向けキーボードLogicoolをMacで使う ー TASブログ

こちらのサイトを参考にPCKeyboardHackというソフトを入れて設定画面のForJapaneseを3つチェックして、終了
ここまでやってようやっと無事使えるようになりました!

すでに使用して半年以上経ちますが、快適に使えてます。難点なのはWindowsキーがCommandだったり、WindowsのCtrl+CがMacとおなじCommand+C(Windowsキー+C)というぐらいです。

3回に渡ってお送りしたこのシリーズも今回で終わり。
これからもk270の経過レポートをお送りしていく予定です!

シリーズ

その1 動機編

その2 購入編

「Macに無線キーボードを導入したよ〜その3 設定編〜」への2件のフィードバック

  1. K270をmac miniで使いたいので探していました 同梱されているマウスも使えるのでしょうか よければご指導をお願いします

    1. たじまますおさん
      コメントありがとうございます。
      K270に同梱のマウスですが、私の手もとですとM185での検証となります。
      Unifyingソフトウェアでの登録・マウス動作か問題無いようです。(Macmini Late2012 OSX10.11.5での動作です)
      現在メインで使っているM570も問題無く動いていますので、恐らくUnifyingが使えるものは問題ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*